イエローウィンゆりYelloween

ゆりイエローウィン14日目の花束
yelloweenLily14days

オリエンタルユリの黄色い花を咲かせる【Yelloween】イエローウィン香りや特徴をレビューしていきましょう。花言葉は黄色い百合の「陽気」や「疑り」「飾らない美しさ」「凛といた気品」「純粋」「無垢」「堂々としている」といった花言葉。ポジティブに考えましょう。

英名で【Yelloween】和名:イエローウィン 黄色いゆり
黄色い花は金運アップとしても東南に飾ると良いですよ。今回のイエローウィンの産地は千葉から直送です。

イエローウィン百合の花 特徴

イエローウィンの特徴としては黄色系に多いOT品種にみられるトランペット咲きのカップスタイルで反りかえりもシンプル、花色はレモンイエローを中心にエッジ(ふち)に近づくほどシャトルーズイエローへとうつりゆくグラディーションが綺麗です。

イエローウィン英名:Yelloween
イエローウィン品種の分類オリエンタルトランペット【OT品種】
花色クリーム色からライムイエロー&黄緑色
香り・さわやかなユーカリ系
・そんなに強い香りではありません顔を近づけると香る程度
咲き方・段咲き・カップ咲き・反りかえり
花の形・中輪サイズ・シンプルスマート・軽いウェイブ・斑やドット無・ヒゲなし
イエローウィン特徴

イエローウィンの香りはさわやかな早朝の草原の香りをイメージしてみてください。百合の香りも感じ方がひとそれぞれ違います。香りの持ちも良いほうでしょう。強くもなく弱くもない顔を近づけると香る程度です。いやみのない香りですね。

つぼみの大きさは産地や季節にもよりますが約13~15cm 【Yelloween】 イエローウィンの咲き方もトランペット咲きのかけ合わせもあり開きすぎず散る姿も魅力的なオリエンタルトランペット品種です。

以下は新潟の栽培試験場山喜農園さんからの引用です。

ここ数年感じるのはイエローウィンの到花日数が長くなっている事。

引用元:2021年山喜農園夏秋試作試験 施策番号1171

イエローウィンの到花日数が長くなるということは咲くまで長くなったということでよりハイブリッド化されているということか…

OTオリエンタルトランペットとOHオリエンタルハイブリッドについて聞いてみた。

黄色やオレンジが多いOT品種ですが白やピンク、赤いユリのOT品種まであります。

最近はハイブリッド化で、新しいOT品種はオリエンタル(OH)との交配が進み両品種の差が少なくなってきているようです。

従来のOT品種は開花後の退色が早いとのこと、頂花(トップの蕾)が咲いて色が薄いのはそのせいだったのですね。

イエローウィン花束一日目 つぼみ

イエローウィン黄色いユリ蕾
yelloween1days

千葉県佐倉市の山崎農園さんから届いたイエローウィンです。今回は5輪5輪でそろえて頂きました。

初日の水あげ後の状態です。切り前は固めの状態でしょう蕾が成長中です。近所のお花屋さんでもユリ切り花をみてみましたが良い物がありませんでした。とても咲くのが楽しみな逸品です。

ゆり農家さんが切り花を出荷する際のユリを切るタイミングです。

  • 固め:咲きが遅い
  • 柔め:咲きが早い

固めとは:ユリを切り花で出荷する際に直ぐに咲いてはお花屋さんが困るため早めの段階で収穫する事。

デメリット:一番うえの頂花や成長しきれない蕾が咲かない事がある。
メリット:お花屋さんや出荷先である程度、咲かずに持ってくれる。

柔め:出荷日に合わせてぎりぎりまで畑でユリが成長してくれる。

デメリット:お花屋さんで売れない場合に直ぐに咲いちゃう。
メリット:畑で充分に成長したユリなので葉や蕾、花の色載りも良い。

ユリ農家さんの一言
ユリ農家さんは出荷先やお花屋さんに合わせて切り前のタイミングが悩みどころのようです。上記の切り前メリット、デメリットのように生産者さんとしては充分にユリを成長させて出荷したいでしょうね。

イエローウィンの花10日目

イエローウィン10日目の花束
yelloween10daysbouquet

オリエンタルユリイエローウィンの十日目の花束です。つぼみがグリーンからクリーム色さらにシャトルーズイエローへと変化し爽やかな色合いが楽しめます。

グリーンとイエローのコントラストが美しいですね。

イエローウィンが届き10日目に咲いた状態です。中輪サイズのイエローウィンはなのようすです。今回のイエローウィンは葯に花粉が吹くのが遅いの手で摘まめました。

つぼみが開くと香りも清涼感のあるユーカリ系のさわやかな香りが漂います。

オリエンタルユリイエローウィン14日目の花

イエローウィンが一番花から咲きはじめると一気に四番花まで開いてきました。オリエンタルユリの咲き方も品種によってさまざまです。

それでは花々をアップ画像で見ていきましょう。

画像左はイエローウィンの頂花の開きはじめ一枚の外花弁が開いてきました。画像右は四番花の美しい反りかえりとウェイブのようすです。

イエローウィンの花の特徴がシンプルなシャトルーズイエローとこの艶感です光沢のあるシンプルな花びらです。花びら中央がライムグリーンのコントラストも素敵ですね。

オリエンタルトランペット咲きの美しさです。イエローウィンの魅了的な咲き方ともいえる画像です。シンプルな曲線美や開き方が可愛いですね。

イエローウィン花の香り

オリエンタルユリイエロー系の中でも比較的やさしく香るイエローウィンです。14日目に4,5輪開花するとさわやかなユーカリ系の香りも程よく1週間くらい楽しめます。

イエローウィンの花 特徴や産地ユリ農家まとめ

イエローウィンのスタイル画像です。茎にはしなやかさと弾力があり硬さもあります。葉はコンパクトでやや幅広の葉っぱで葉脈や色づきもしっかりしています。つぼみは成長中です。

イエローウィン12月大晦日着

イエローウィン特徴産地:千葉県佐倉市
生産者:山崎農園
イエローウィン出荷予定・年に2回の育成
・年末と3月のお彼岸
イエローウィンつぼみ5輪,5輪,計10輪のつぼみ
つぼみは成長中です。
一番花蕾13cm,頂花蕾7,5~9,5cm
イエローウィン花15~18cm小輪から中輪サイズ
イエローウィン葉やや幅広の葉(カノコユリ系)
イエローウィン茎切り前が早いかやや細身
イエローウィン香り・ユーカリ系・爽やか ★★★
イエローウィン
花もち
約10~12日イエローウィンOTの特徴
か一気に咲きおえる
イエローウィン備考2021年大晦日に届きました
イエローウィン特徴と産地

イエローウィン黄色いユリの花 口コミ画像

黄色いオリエンタルユリで人気のイエローウィンですね。ユリの中でも認知度があがってきましたね。口コミをみていきましょう。

優しい香りがするイエローウィン、香りのファンも多いようですね香りのたとえもそれぞれです。

こちらのイエローウィンも綺麗に撮れてる写真ですロマンスを感じる被写体ですね。黄色と緑のコントラストがまさにビタミンカラーの効果が出ています。百合の写真も世界観がありますね。

さやかなグリーンフローラルが香ってきそうです。