ユーカリプトールという黄色いゆりの香り成分

黄色いユリにはユーカリプトールという成分が含まれています。黄色やアプリコット色のユリの花は独特な香りを放ちます。ユーカリプトールの成分について調査してみました。

このユーカリプトールという成分は別名をシオネールとも呼ばれ、不快臭を軽減する効果から殺菌作用もあるとされています。

ユーカリ油でアロマテラピーの経験者ならご存じの成分でしょう。黄色いユリには品種にもよりますが、他のオリエンタルユリの色にはない香りがします。

ユーカリプトール(シオネール)の効果とは?

黄色やオレンジ、アプリコット色のユリに含まれるユーカリプトールの効果とは。香り調査をしてみました。

  1. 虫よけ/消臭/殺菌
  2. 鼻づまり/ストレス軽減/筋肉痛の緩和
  3. 集中力のアップ/リフレッシュ効果
  4. 害虫・ダニ・ハエ・ノミ対策
  5. かぜ予防/のどの痛み

ユーカリプトール/シオネールには上記のようなリフレッシュ効果が期待できます。

ただし、精油やアロマオイルと違い、自然の植物が発する芳香なので風邪予防やのどの痛みまでは期待できないでしょう。

しかし、黄色やアプリコット色のオリエンタルユリを部屋に飾ると部屋の空気が爽やかになります。

不快臭は軽減してくれますね。それと集中力のアップは感じます。黄色いユリを部屋に飾ると不思議にクセになりそうなくらい気分がリフレッシュされますよ。

ユーカリプトールを強く感じるオリエンタルユリ

それではユーカリプトールの香りが良くするオリエンタルユリを順に紹介しましょう。臭覚の違いや季節により香り方に違いがあるでしょう。

また、オリエンタルユリは昼より夜に芳香が強く感じられるでしょう。

比較的ユーカリプトールの香りが強く感じるコンカドール

次に良く香るのがゼルミーラ

コルコバードも良く香ります香りも良く持ちます

ベルビルは顔を近づけると香る

エルドレットはハーブユーカリ系の香りからラストノートがバニラ系の香りに

シャインオンは思ったほど強く感じられませんがユーカリ系の香りです

しつこくない爽やかさのイエローウィンの香り

黄色いユリの香りの楽しみ方

黄色いユリは香りが品種により微妙に違い楽しめます。香りは好みがあるでしょうから一概にはいえませんが、きっとユーカリプトールの香りに癒される事でしょう。集中力のアップには最適です。仕事がはかどりますよ。