吸水スポンジで生ける作り方や使い方

吸水スポンジで生け花もアレンジが広がりますね

ユリの切り花を吸水スポンジの使い方フローラルフォームやアクアフォームでユリの切り花を固定するのに便利な使い方から切り方から吸水の仕方など…しかし失敗もあり水の吸い上げが悪くなることも簡単そうでコツがいるフローラルフォームとは?

ユリ 切り花 吸水スポンジ(フローラルフォーム)使い方作り方

ユリの切り花を吸水スポンジで生けてみました。赤からピンクへそしてホワイトへのグラディーションが綺麗な八重咲きのユリを器にアレンジ、3つのつぼみがまだ成長してないので短めにカットしてフローラルフォームに生けてみました。
このような吸水スポンジでのアレンジには欠かすことのできないフローラムフォーム。これから夏にかけてユリの切り花も日もちが短くなります。水の入れ替えは毎日おこないましょう。
バクテリアの繁殖しやすい時期にもなりますから塩素などで消毒もしましょうね。

吸水スポンジフローラムフォームを使って感じた事

下記の補足ともなりますが吸水スポンジ(フローラムフォーム)も品質がかなり異なるようです。 やはり、アクアフォームがよいかもです!(箱買いしたのでまだ残っている…) img/floral-form.png" alt="フローラルフォームの使い方や取扱いについてゆり切り花やお花のアレンジに便利ですねちょっとした使い方のポイントを説明します">
ゆり切り花のアレンジやお花を生ける土台として欠かせないフローラルフォーム(吸水スポンジ)は使って便利でお花にも優しいですね。
そんなフローラルフォームの使い方について解説していきます。ひと昔まえはお花を生けるのに剣山を使いましたけれど…また花器や用途により使い方が異なりますね。
img/ff-arenji001.png" alt="">
フローラルフォームの使い方はいたって簡単です。花器やゆり切り花を生ける器に合わせてカットして綺麗な水を自然に浸します。
そこでフローラルフォームの使い方からポイントをおさえて使ってみましょう。アレンジの幅がグーンと広がりますね。しかし!こんなことも☟
img/ff-arenji003.png" alt="フローラルフォームを使ってアレンジしたグロリオサとデンファレの華麗なすがたです">
しかし、こんなことになる事も…かわいそうなグロリオサimg/floral-form003.png" alt="フローラルフォームを使い華麗に生けたグロリオサでしたが三日後に首が萎れてしまいましたかわいそう">
フローラルフォームを使いせっかくアレンジしたのにお水の吸い上げが良くない性かグロリオサの首が萎れています。前夜も一つ萎れました。悲しい…
img/floral-form004.png" alt="グロリオサの萎れた画像アップ">
アレンジして3日目グロリオサがこんな感じで非常にショックです。原因を解明中…。なんで⁈ お水の吸い上げがよろしくなかったようです…。
img/floral-form005.png" alt="グロリオサをフローラルフォームから抜きとり切り口を見てみると変色しているのがわかります">
フローラルフォームからグロリオサを抜き取ってみました…すると茎の切り口が変色しているのがわかります。明らかに何かがおかしいのフローラルフォームの表面もまだ湿っています。
こんな感じでモーニングやディナーテーブルにセットしても素敵ですよねimg/floral-form006.png" alt="とりあえずこんな感じでグロリオサを萎れた首からカットしてお皿と薄いフローラルフォームにアレンジしてみました結構オシャレでしょ">
応急処置でこんな感じにグロリオサを切りもどしてお皿にアレンジしてみました。花器に合わせた薄めのフローラルフォームにグロリオサとデンファレをアレンジこんな茎の短いお花でも長持ちさせる事ができます。
フローラルフォームだからできるアレンジではないでしょうか…しかし簡単そうでフローラルフォームの特性や使い方を知らないと逆に切り花の寿命が短くなりますね。

吸水スポンジフローラルフォームの使い方

吸水スポンジフローラルフォームの使い方 近ごろはフラワーアレンジメントに欠かせない吸水スポンジですね。オアシスとかアクアリウムなどとも呼ばれています。 メーカーにより吸水スポンジの呼び方が違います。商標登録ってヤツかなぁ~
お祝い事のブーケやフラワーアレンジや葬祭ごとの花輪などに使われ切り花の長持ちや美化に最適な吸水スポンジですね。 形のバリエーションもびっくりするくらい豊富なんですねww。

フローラルフォームの水の吸わせ方

吸水スポンジへの水の吸わせ方は深めのボールやバケツにフローラルフォームを浮かせて自然に吸水させます。良質なもので2,3分です。今回はバスタブで吸水します。画像のリリーは【シグナム】という品種でカサブランカより大輪の花を咲かせるユリ切り花です。
img/furoraruform-kyuusui001.png" alt="フローラルフォームをバスタブで吸水させています。画像のゆりはオリエンタルリリーのシグナムという品種でカサブランカよりも大輪の花を咲かせる品種です。">
*この吸水時の注意点は自然に吸わせることです。決して手で沈めてはいけません。真中に吸水しない場合があります。フローラルフォームが自然に吸水して沈むのを待ちましょうね。
img/furoraruform-kyuusui002.png" alt="フローラルフォームの吸水時には注意があります、自然に浮かべる様に吸水させないとフローラルフォームの中まで水が浸透しません">
吸水スポンジの色が変わってくるのがわかります。この時に表面に水をかけたり、急いで沈めないことです。吸水スポンジの中まで吸水しません。
img/furoraruform-kyuusui003.png" alt="フローラルフォームが吸水して色が変わってくるのがわかります2,3分くらいで吸水しますから急いで水をかけたり沈めたりしないようにしましょう。">
フローラルフォームがどんどん吸水して白い部分が無くなってくるのがわかります。
img/furoraruform-kyuusui004.png" alt="フローラルフォームが完全に吸水した状態です、フローラルフォームの色が完全に変わりました。">
フローラルフォームは完全には沈みませんがこのくらい吸水していれば大丈夫です。 わたしは前回、表裏をひっくり返して…吸水失敗しました(泣き) 吸水後にフローラルフォームをカットしたら中が白いままで吸水されていませんでした。

吸水スポンジへ水やり(補填)方法

フローラルフォームの水やり(補填)にも注意があります。夏場は毎日水を換えた方が良いです。
表面が乾いてしまったら 直接フローラルフォームに水をかけるのではなく周りに足していきましょう。吸水スポンジの周りから吸わせていく感じです。

吸水スポンジの切り方

吸水スポンジ(フローラルフォーム)を花器に合わせてカットしていきます。あらかじめ大まかな大きさにカットして吸水させてからの方が粉塵(ふんじん)もでないし切りやすいです。
水を吸水させた後のフローラルフォームですimg/furoraruform-kirikata005.png" alt="水を吸水させた後のフローラルフォームです、これから生ける器に合わせてカットしていきます">
先ほどバスタブで吸水されたフローラルフォームです、これからアレンジする器に合わせてカットしていきます。
フローラルフォームを器に合わせて目安にしますimg/furoraruform-kirikata006.png" alt="アレンジする器は木製のサラダボールです器にあわせ目安にしています">
アレンジする器は今回は木製のサラダボールを使います。器に合わせて目安にしましょう。軽く押すとフローラルフォームに跡がつきます。
フローラルフォームを端から器に合わせてカッターで削っていきますimg/furoraruform-kirikata007.png" alt="フローラルフォームを器に合わせて周りの端から少しずつ削っていきます丁度うつわにフィットした感じです">
乾いているフローラルフォームより切りやすいと思いますよ。細かな粉も出ません。
器に合わせて高さや周りを整えますimg/furoraruform-kirikata008.png" alt="フローラルフォームの高さや周りをなめらかに整えていきます。仕上りのアレンジ状態を意識した土台作りです。">
フローラルフォームはアレンジメントの土台となる部分です。うつわや切り花アレンジの仕上りをイメージして高さ周りを整えます。ここまで整えなくても隠れれば大体で良いと想います。
もう一つは小型500mlくらいのポット(陶器製)の器img/furoraruform-kirikata009.png" alt="もうひとつの器は500mlの小型陶器製のポットです">
陶器のポットにフローラルフォームをフィッテングして面を整えます。そのままでもよさそうな感じはしますが角を削りました。
フローラルフォームの土台つくりが終わった状態ですimg/furoraruform-kirikata010.png" alt="小型ポットのフローラルフォーム土台が整いました">
このようにフローラムフォームを吸水して濡らしてからカットすることで粉は飛ばないし、切るというか削る感覚で楽にカットできますよ。
フローラルフォームはアレンジの土台になる部分です。アレンジや生け方、生ける切り花の種類によって仕上りをイメージして土台を作ってみましょう。
乾いたフローラルフォームは非常に細かな粉(粉塵)がでます。くれぐれも吸わないようにマスクなどを使用しましょう。濡れていると粉塵も飛ばない為、安心ですね。 *毒性は有りませんがプラスチックなので肺や呼吸器系には余りよろしくありません。

吸水スポンジ切り花への効果

フローラルフォームは吸水したお水を切り花に適した中性に保ってくれる特性があり花もちを良くしてくれます。切り花の品種によっては適さない切り花もあります。(ダリアなど)
吸水スポンジのメーカーや種類、硬さにより特性が違います。花や茎の硬さにより吸水スポンジのハードやソフト、ドライフラワー用などもあります。

フローラルフォームはどこに売ってるの?

フローラルフォームは百均や雑貨店などでも売られておりますが、楽天やAmazon、花材通販店などでもおいてます。
吸水スポンジも色々な種類がありますから品数が豊富な通販が品質や形なども選べたりします。
例えば、オアシスやアクアフォームがおすすめブランドです。上記、ページトップ写真の箱買いした吸水スポンジはハズレでした。
知らずに買ったPoPoです。
吸水スポンジは紫外線にあたり変色すると吸水力が低下します。箱買いの中に変色している物がありました。 通販などでは選べませんが、信頼度はブランドか販売出展元がネームバリューのある会社が良いですね。

吸水スポンジの捨て方(処分法)

フローラルフォームはプラスチックの一種です。各、都道府県の自治体の指示に従いましょう。自治体により・燃焼ごみ・不燃焼ごみの違いがあります。
捨てる時には水分を抜いてつぶして処理するとよろしいですね。

フローラムフォームの素材(原材料)

フローラルフォームの素材原料はプラスチックの一種で・フェノール樹脂・ポリウレタンなどが原料となっています。

吸水スポンジフローラルフォームの毒性

フローラルフォームの毒性については特にありませんがプラスチック原料のために自然分解できないので適正な処理が必要となります。
粉塵などは吸い込まないようにカットの際にはマスクをするか、濡らしてからカットし形を整えてもよろしいでしょうね。

ユリ生け方

Posted by merryPoPo